Now Loading

SERVICE

住まいの再出発のために

リフォームサービスのご案内

POINT 3

リフォームローン

ローンの活用で余裕を持った改修計画を

自宅のキッチン廻りをリニューアルしたいな。
購入予定の別荘を一新したい。
高齢になった家族のために、介護リフォームを考えている。

現在利用しているご自宅や別荘の部分的な改修、購入予定の別荘の改修、さらには、介護、エコリフォームなど、リフォーム、リノベーションの機会は年々増えています。そんなときは手軽に利用できるリフォームローンが便利です。

リフォームローンとは?

住宅や別荘リフォームには、ある程度の費用が必要です。経済的に無理してリフォーム資金を捻出してしまうと、その後の生活に負担がかかってしまいます。リフォームローンの利用で、計画的にローンを組んでリフォームをすることが出来ます。

リフォームローンは長期分割払いで月額の負担を抑えることも可能。ローンの返済中に資金の余裕ができた場合には、一部繰越返済も可能。支払い期間をそのままにすると、その後の返済額が減額され、一部繰越返済後に返済期間を短縮すること、その分金利の負担を抑えることも出来きます。

お金のことで諦めない。
リフォームローンの上手な活用方法。

❶ 貯蓄した費用は手元に残し、非常時の安心へ。

リフォームに必要な費用はローンで賄い、貯蓄は非常時のために残しておくことができます。


❷ 想定した予算をオーバーした時の部分的にな穴埋めに。

予算内で収まらなかったリフォームの仕様を下げずにローンで賄い現実にする事が可能です。


❸ 太陽光発電の導入の費用として。

新築時には諦めた太陽光発電をローンの利用で現実に。


❹ もちろん費用の準備が整わず先送りにしていた夢の実現にも。

リフォームしたい、でも費用が足りない。そんなまとまった費用が必要な時のために。

リフォームローンの基本的な特徴

利用いただける方借入れ申込時の年齢が満20歳以上、70歳未満、完済時の年齢80歳未満の方
対象工事ご本人が居住されている住宅のリフォーム工事および、ソーラーシステム工事
ご利用金額20万円以上、最高2,000万円
お支払い回数6回〜180回(6ヶ月〜15年)
*条件により180回以上に増加できる場合もございます。
実質年利2.45%(平成29年2月借入時)
ご返済方法口座振替(毎月27日)
連帯保証人原則として不要
(法人申込の場合は代表者の個人保証が必要)
担保原則として不要
団体信用生命保険付帯
ご用意頂くものローン申込書
団体信用生命保険申込書
口座振替用の銀行印
見積書(工事契約金額が500万円以上の場合は工事請負契約書の写しが必要)
ご注意事項基準金利は毎月見直しさせていただきます。
所定の検査によりご希望に添えない場合がございます。
お支払いは口座振替を条件とさせていただきます。

リフォームローンシミュレーション(外部サイト)

*ページ移動後「リフォーム・ソーラーローン」 → 「残債型ローン」 の順でお進みください

ローンシミュレーション記入例はこちら

審査は規定の書式を記載して提出するだけ。「1」営業日で審査解答!
手間が掛からず、相談時間も短いので、お気軽に相談ください。

住まいの「リニューアル」も地域ハウスビルダーの使命。

お客さまが安心して再出発できるよう、
リフォームに関する制度の利用や、サービスの導入に積極的に取り組んでいます。

リフォーム、リノベーションに関するご相談、お見積は無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求 →
ページのトップへ戻る