Now Loading

COLUMN

STAFF COLUMN

RE-START スタッフコラム

社屋リフォームプロジェクト PART1

ミーティング室をリニューアル

私たち梅原建設の営業所も竣工から13年が経ちました。そこで、3つご用意している「接客室」を近年のニーズやトレンドを取り入れた、お客様が新しい住まいのイメージを膨らますことのできる「モデルルーム兼ミーティングルーム」への改修計画がもちあがりました。

まずは最も面積が広く、社員の会議室としての利用が多かった23㎡の角部屋からスタートです。

Before リフォーム前

リフォーム前の様子。

天井、壁のクロスの黄ばみやタイルカーペットには傷みの見られる箇所が多くなりはじめていました。

プランニング

リフォームプランを任されたのは2級建築士兼インテリアコーディネーター兼2児の母でもある弊社スタッフの福田です。今回変更できない既存の建具、窓枠、廻縁や壁面を飾る絵画をあえて活かしながら伊豆のリゾートらしさをイメージしやすい「リラックスできるアジアンリゾート」をテーマにプランニング。

リフォーム工事開始

工程表を組み、大工さん、関連業者さんの手配、建材、インテリアなどの発注を経ていよいよリフォーム工事のスタートです。

腕の良い大工さんや協力業者さんたちが手際よく工事を進めていきます。

After リフォーム工事完了

解体から合わせて10日ほどでリフォーム工事完了。今回は床、壁、天井の張り替えの他、照明、家具やブランドなどインテリアも含めたトータルコーディネートです。

イス、テーブル、本棚など家具はすべて、地元静岡に工場がある『MKマエダ』からチョイスしています。

梅原建設ではインテリアコーディネーターによる建物やお部屋の雰囲気に合わせた家具、カーテンのご提案もおこなっています。リフォームの際にはぜひお声かけください。

アクセントウォールには名古屋モザイク工業のマットーネ+クォーツストン。高級感のあるタイルでも、使用する面を限定することで大胆な中にも賑やかさを抑えた気品ある装いに。もちろんコストダウンにも貢献しています。

接客室というシンプルな空間でも内装からインテリアまでトータルでコーディネートすることで、以前とはガラリと装いを変えたおしゃれな空間にモデルチェンジさせることができました。

こだわりのリフォームをお考えの方、ぜひお問い合わせください。

また、梅原建設リフォームプロジェクトPART2、PART3も現在進行中です。完成し次第こちらでご紹介させていただきます。お楽しみに!

お問い合わせ
ページのトップへ戻る